豊明市 新築一戸建て 注文住宅 アメリカンヴィンテージハウス

施工事例

Works10豊明市の新築一戸建ての家はアメリカンヴィンテージ感ある注文住宅

冬の乾燥・夏のジメジメ感は無し!新鮮な空気を常にとりこむ、デトックスする家

夫婦共通の趣味はハーレー。
ビンテージハーレーを丁寧にメンテナンスして走りに行くのがお休みの日の楽しみ。
車も『それ動くの?』と周りから聞かれるほどのビンテージものに乗っている。

そんなオーナーさんだから、
家も、新築であってもピカピカではなくキズがあって味があって、
古いものに囲まれていたいという想いは絶対だった。

ちなみにオーナーさんのご主人はてくとの家の大工さん。
ビンテージ好きのオーナーさんが、ロジカルな考え方で、湿気や匂い、空気の質まで徹底管理する高性能住宅を手掛けるてくとの家の考え方を踏襲して完成させた家。

見た目は古くても、家の構造設備は“先進的”なのもこの家の特長。
夏のジメジメした湿気を除湿し、冬の乾燥時に夏蓄えた水蒸気を放出して加湿する仕組みを取り入れることで、冬に「乾燥している」と家の中で感じることは少ない。

てくとの家が掲げる“年中ハダシ、半そで・短パンで過ごせる家”を体現した家で、子どもたちのわんぱくぶりも絶好調だね!

子どもが“木登り”に使うためのケヤキの柱は、ずっと大切に倉庫に眠らせていたものを、ここぞとばかりに起用。

LDKの隣の和室。レトロな建具もお施主さんである大工さんが古い建築現場ででたものを自宅用に保管してひた秘蔵品。

アンティークな雰囲気に合わせ、壁の色や造り付け収納も作成しました。

LDKに設けた子どもの上着が掛けられる収納。ドアを開けると広がるのは、こだわりの書斎。

築80年をこえる家の床材をアレンジして壁に貼りカッコいい空間に仕上げた「男の書斎」

好きな物、好きな雰囲気の中でこもれる憧れの書斎に。

主寝室は天井が高く広々。押し開きの窓は、アンティークな雰囲気の好きなご夫婦のこだわり。

2階の仕切りのない子供部屋。大きくなった時に本人たちと相談して使い方を考えるのが「てくとの家」流。

アイアンのリビング階段は
スッキリ開放感があって、家の印象的な存在に。

玄関収納は可動棚にしたので、ブーツもしまえる高さに調整もできます。

おうちの横には、ハーレーやクラシックカーを大切にしまえる大きな倉庫も設置しました。

HOUSE DATE

完成 : 2018年1月
家族構成 : 大人2人 子ども2人
面積 : 38坪

お問い合わせ

* 印は必須項目となります

お問い合わせ内容
(複数選択可)

お名前
ふりがな
電話番号 - -
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
住所(市区町村)
住所(都道府県)
資料請求*
てくとのホームページを知ったきっかけは?*
(必須・複数可)
電話0120-288-331
LINE
定休日:水曜日
営業時間 9:00~19:00

※家についてのお打ち合わせは時間外も予約制にて行っております。
お気軽にご相談ください。

このページのトップへ