岡崎市で注文住宅を建てたい人必見!光熱費が安い家の特徴とは?

投稿日:2019年8月27日 更新日:

住宅知識

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

てくてく博士じゃ

 

「光熱費を安く抑えるにはどうしたらいいんだろう」
「光熱費の安い家ってどんな特徴があるんだろう」
注文住宅を建てる予定の人、こんなことを思ってるんじゃなかろうか?

実は工夫次第で光熱費の安い家にすることができるんじゃ。

せっかく注文住宅を建てるなら建てた後の生活のことまで考えておきたいじゃろ?

今回は、光熱費の安い家の特徴について解説しようかの!

 

□光熱費の安い家の特徴

*高い断熱性能

断熱性能が高い家は光熱費を抑えることができるぞ。

断熱性能が高いと夏の暑い時期に冷房をつけても冷たい空気が外に逃げにくくなるんじゃ。

また、冬の寒い時期に暖房をつけても温かい空気は外に逃げにくくなるんじゃ。

つまり、少ないエネルギーで家の中を快適な温度にすることができるんじゃ。

そして、特に気をつけて欲しい部分は窓じゃな。

というのも、熱や冷気は開口部と言われる窓から逃げやすいからじゃ。

窓を複層ガラス(ペアガラスやトリプルガラスのことじゃ)にしたり、窓枠を樹脂サッシにしたりすることで熱の漏れを防ぐことができるんじゃ。

 

*風が通りやすい間取り

風の通りやすい間取りにすることで、冷暖房に頼ることなく冷たい空気も温かい空気も部屋全体に流すことができるぞ。

冷暖房をつけても空気の流れを遮断するような間取りになっていると、部屋全体を快適な温度にするのにエネルギーの消費量が多くなり、その分光熱費が高くなってしまうんじゃ。

 

*熱交換型換気扇

断熱性を高めることで部屋の空気と外気の空気を遮断することができることは先ほど書いたのう。

しかし、その反面空気が室内にとどまってしまうので、放置しておくとカビ発生のリスクを高めてしまうんじゃ。

そこで、従来の換気扇を回そうという発想になるんじゃが、それだと留めておきたい空気も一緒に外に出してしまうんじゃ。

このようなときに熱交換型換気扇は役立つのう。

熱交換型換気扇は外から空気を取り込む際に外気の気温を調整してから室内に取り込むんじゃ。

そのため、室内の温度変化を抑えることができるんじゃが、反面、フィルターが結露して目詰まりしやすいので、こまめにチェックするのが鉄則じゃ。

 

*省エネな給湯設備

待機電力とは家電などを使っていないときにも消費する電力ですが、実は年間の消費電力の5%を占めると言われておる。

そして、ガス給湯器は一般的に待機電力の全体の1/4以上を消費しておる。

そのため、ガス給湯器によって電気代は大きく変わるんじゃ。

待機電力が少なく、省エネを売りにしているガス給湯器を選ぶと無駄な電気代を払わずに済むぞ。

例えば、ecoジョーズのガス給湯器の待機電力は他の最新の給湯器の平均のおよそ1/4と、少ない消費電力であることがわかる。

このように給湯器の省エネ性能も気をつけて選ぶことをオススメするぞ。

 

*まとめ

今回、光熱費の安い家の特徴について解説したぞ。

注文住宅を建てる前は、生活し始めた後の必要なお金のことを意識するか゛、実は建設するときに光熱費に気をつけることで、

光熱費の安い注文住宅にすることは
今回の記事を参考にして、注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.