カフェみたいな家で暮らしたい人必見!カフェみたいな家の外観のコツ

投稿日:

カフェみたいな家の外観

三輪富生 住宅知識

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

暮らしアドバイザーの三輪です。

 

新築住宅ブランド「てくとの家」では、「注文住宅&提案住宅」というカテゴリーで家づくりを勧めています。

 

お施主さん(オーナーさん)の家(暮らし)への想いを伝えて(注文)していただき、その想い(注文)を踏まえた上で

ご予算に合わせて提案させていただく。

 

そんな家づくりを勧めています。

 

注文住宅&提案住宅でマイホームを購入する魅力の一つは、

「自分の理想の家(暮らし)が実現する(しやすい)」

ということかなと思います。

 

自分の理想の家づくりをする時は、「どんな外観にするか」と

頭を悩ませる人もいるのではないかと思います。

カフェみたいな家の外観

カフェみたいな家の外観

今回は、「カフェみたいな家で暮らしたい」というMさんの家づくりをした時のことをお伝えしようと思います。

 

カフェみたいな家で暮らしたいMさん

まず、Mさんご夫婦(当時お子さんがいませんでした)の建築前のプロファイルから。

 

ご主人38歳 建築関連会社勤務

奥さま36歳 公務員

お子さんは2人予定

世帯年収約800万円←名前以外は公表OKという了承済み

お子さんが産まれたら世帯収入が約600万円になることを想定

ご両親からそれぞれ建築資金を合計1,500万円贈与予定

愛知県岡崎市内で土地を探して建築予定

ご夫婦お二人とも共通の趣味が、カフェ巡り

 

というお二人で「カフェみたいな家に住みたい」

というご要望でした。

 

「カフェ」と言ってもカフェもいろいろ

カフェと一言で言ってもカフェにもいろいろあります。

和風なカフェもあるし、ナチュラルな感じのカフェもある。

古民家カフェや和風なカフェの外観

古民家カフェや和風なカフェの外観

 

古民家カフェ、北欧カフェ、インダストリアルなカフェ

 

カフェみたいな外観でもいろいろ

カフェみたいな外観でもいろいろ

「スタバみたいなカフェ」ともよく言われますが、スタバも店舗によって雰囲気は違います。

 

「カフェ」の定義が無い?ある?

よくわからない(笑)

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみると、

カフェ(仏: café、伊: caffè)は、本来コーヒーの意味。転じて、コーヒーなどを飲ませる飲食店を意味する。ヨーロッパの都市に見られるある種の飲食店を意味し、特にパリやウィーンのものが知られる。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれている。
出典 : カフェ - Wikipedia

と出典されていました。

 

Mさんにとってのカフェとは?

「自然な雰囲気とか北欧の雰囲気のカフェがいいな」
というカフェがお好みのようでした。

「では、そのような雰囲気になるようなデザインをしましょう!」

と、家づくりをスタートさせました。

 

てくとの考える「カフェみたいな家」とは?

てくとが「カフェみたいな家」という本質的な意味合いとしては

「お気に入りのカフェに行くとホッと落ち着いたり、ラテを飲みながら好きな雑誌を読んだり、友達の恋の相談を受けたり、ママ友とおしゃべりしたり、“楽しい時間”を過ごせる場所」と考えているので

 

「そんな楽しい時間が家でも過ごせたら素敵じゃない?」

 

という意味で「カフェみたいな家」とお伝えしています。

 

特に、小さなお子さんがいると、なかなかカフェに行くこともできないので

「おうちカフェ」としてママ友と過ごせてもらえたらなと。

 

なので、てくとの家としては、「カフェみたいな家」というのは見た目の雰囲気も含めた

 

「心地よいカフェのような、素敵な時間を過ごせる家」

 

という意味だと考えています。

 

カフェみたいな心地いい家

カフェみたいな心地いい家

 

さて、Mさんには、「そのような雰囲気になるようなデザインを」

と伝えましたが、実は、

デザインするのは、そんなに簡単な仕事ではありません。

いつもかなりのエネルギーを費やして、オーナーさんそれぞれの家のデザインを考えています。その割にいつも似てますが(笑)

 

「この中からデザインを選んでください」と、いつも決まっている仕様の住宅メーカーさんが、とても羨ましい(笑)

 

似てくるのには、訳がありますので、その訳については後半で。

 

カフェみたいな家の外観にするコツ

さて、Mさんと同じように「カフェみたいな家」に住みたい人が、

「カフェみたいな家の外観にしたい」と、ハウスメーカーさんや住宅メーカーさんへ伝えるには、どうしたら伝わるのか?

そのコツは「写真」です!

 

カフェみたいな家の外観の写真を集める

カフェみたいな家の外観の写真を集める

 

「なんだ〜そんなことか〜」と、思われたかもしれませんが、

あなたが思っている以上に、住宅関連の営業の人やハウスメーカーの営業の人は、忙しくて(ホント忙しくて体力的にも精神的にも大変で僕では出来ない仕事です)

普段から「カフェ」に行く時間はありません(笑)

最新のカフェ事情はわからないと思ってていいと思います。

 

なので、「こんな雰囲気にしたいんです」と

写真をたくさん見せることで、

住宅メーカーさんの営業さんや設計さんに

「あ〜、あなたの言ってるカフェみたいな家は、こういう雰囲気のことなんですね」と言ってもらうくらい見せないと伝わりません。

 

SNSの写真や、インターネットの写真、雑誌の写真などを見せて、

「あなたの思っているカフェ」を共有してください。

 

その写真を見せてみて、「それだったらうちは出来ますよ」と言ってくれるハウスメーカーさん、住宅メーカーさんに家づくりの相談をされると良いでしょう。

 

もっと伝わりやすくするコツ!

さらに伝わりやすくするコツがあります。

見せる写真の中の「余分な物を消す」ことです。

 

例えば、この写真↓

カフェみたいな家の写真

カフェみたいな家の写真

この写真の「小窓」の雰囲気が好みであれば、

「小窓」以外の物をなるべく消す

なるべく余分な物は消す

なるべく余分な物は消す

 

こんな感じです。

 

こうやって、あなたの想うカフェにフォーカスされた写真を共有することで

「カフェみたいな家の外観」も伝わります。

 

てくとの家の場合

てくとの家でも、写真の共有をしています。

 

Mさんとも、写真を共有しました。

 

Mさんのご希望は

「自然な雰囲気とか北欧の雰囲気のカフェがいいな」

というご希望でしたので、

『自然な雰囲気』と『北欧の雰囲気』という抽象的なところを

具体的にデザインに落とし込みます。

 

前述で、

「いつもかなりのエネルギーを費やして、オーナーさんそれぞれの家のデザインを考えています。その割に似てますが」

と書きましたが、似てるには訳があります。

 

それは、

永い期間を想定した時に、耐震性長持ちメンテナンス性、そしてデザイン性バランスを考えて設計、デザインしているからです。

 

その家に住むのはオーナーさんです。

なので、そのオーナーさんの好きなように家づくりをすればいいという考え方もあるとは思います

てくとの家の考え方は後悔しない家づくりを前提にしています。

 

軽量で長持ちする外観

軽量で長持ちする外観

 

家づくりをしているときは、夢と希望に満ち溢れているオーナーさんです。

もちろん、その夢と希望をなるべく叶えてあげたい気持ちですが、

暮らし始めてから何年も経ち、何か不具合が起こると、家づくり当時の熱い想いすっかり忘れていることが多い(笑)

 

最悪、「なんであの時、止めてくれなかったんですか!」と詰め寄られる可能性もあります(笑)

 

そうならないように、オーナーさんの想いを最大限活かす設計のバランスを考えると

外観は、メンテナンスを重要視しながらも、アクセントにオーナーさんのこだわりポイントを取り入れるデザインという提案になることが多いです。

メンテナンス性を考えるデザイン

メンテナンス性を考えるデザイン

というか、今までは、全員そうでした。

てくとの家を信用していただいたんだと思っています。

耐震性とオーナーさんの好みのバランスをデザイン

耐震性とオーナーさんの好みのバランスをデザイン

なので、てくとの家の外観が似ているのは、

オーナーさんの想いてくとの家の想いのバランスで成り立っているんですね。

 

Mさんの家の外観も、Mさんの想いとてくとの提案で、こんな感じに

木材を使った玄関の夜の雰囲気

木材を使った玄関の夜の雰囲気

軽量化された外壁材で耐震性を保ちつつ、

アクセントにもなるように赤いドア

玄関の庇の部分に木材を使ったデザイン

植栽も含めてMさんにとっての「カフェみたいな家の外観」となりました。

 

カフェみたいな家の外観にするコツのまとめ

てくとの家の熱い想いもお伝えしたところで(笑)

てくとの家に限らず、ハウスメーカーさん、住宅メーカーさんで「カフェみたいな家の外観」にするコツは3つ!
①自分の好みの外観の写真を集める
②写真は、余分な物を消す
③写真をメーカーさんと共有する

この3つのポイントを抑えれば、お気に入りのカフェみたいな家での暮らしに近づくと思いますので頑張ってください!
 

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.