てくとの家の花粉症対策!3つの秘密を解説します!

投稿日:2018年4月11日 更新日:

三輪富生 雑記

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

愛知県岡崎市の「暮らしアドバイザー」

てくとの家の三輪です。

花粉が飛散するシーズンに突入

花粉症の人は悲惨なシーズンに突入!

・・・・

笑えませんね(^^;;すみません。

 

てくとの家に家づくりを相談されるかたに

必ず聞いてることの一つがあります。

花粉症ですか?

 

ほとんどのご家族のうちの

誰かが

 

ひどい花粉症です

花粉症になったかも

 

という返事のどちらかが返ってきます。

 

日本国民の4分の1の人が花粉症

と言われてますが

4人家族だとすると、誰かが花粉症でもおかしくない状況ということなんですね。

では、

 

なぜてくとの家が「花粉症ですか?」と聞くのか?

興味本位で聞いてる?

「今日は天気いいですね」みたいな話のネタで聞いてる?

そんなことではありません!

もちろん意図があって聞いてます。

なぜ聞いているかというと、てくとの家では花粉対策をしているから、ビフォーアフターとして聞いてます。

花粉症の人がてくとの家に来たら、

なんだか症状が軽くなった!

なんてことがあったらいいじゃないですか?

ということで聞いてます。

 

まず、花粉症とは?

というところから念のためご紹介します。

知ってるよって人は、この部分は速読お願いします(笑)

とある薬剤師さんに聞いた情報によると

花粉症とは、自分自身の免疫が、過剰に反応している状態であるそうです。

異物である「花粉」を外に出すために「クシャミ」「涙」「鼻水」がでます。

その反応が敏感になり、過剰に反応しすぎて止まらなくなり、必要以上に出てしまっている状態が「花粉症」ということだそうです。

花粉症の人にとって、花粉は憎い存在。ということは、花粉は悪者なのか?というと、そんなことはないはず。

日本国民の4分の1は花粉症だけど4分の3は花粉症じゃない。

じゃあ、花粉が悪くないとしたら、なにが悪いんだ!

それは、あまり言いたくないし、薄々気づいてる花粉症の人は聞きたくないかもしれないけど、言っちゃいます!

それは、

花粉に敏感に反応してしまう、

あなたの身体の問題!

言っちゃダメでした?

ただ、ここを見て見ぬふりしてしまうと

あなたの花粉症は、ずっとつらいまま。

 

食生活習慣や睡眠環境などの生活習慣を改善しなくてはならないのですが、そこは、てくとの家じゃなくてもアドバイスは変わらないので、またの機会にアドバイスさせていただきます。

花粉症の症状がひどい人ほどてくとの家の岡崎モデルハウスに来ると効果がわかりやすいんですが

帰るちょっと前に「花粉症ですか?」と聞くと

「そうなんですが、今は症状がおさまってます。」という返事が多い。

 

てくとの家の花粉症対策の秘密は?

その秘密は、3つ

1つ目のポイントは、花粉が入りにくいフィルターが付いていること。

2つ目のポイントは、花粉が入りにくいように家の隙間を少なくしてること。

3つ目のポイントは、花粉がたまりにくい家になっていること。

 

短時間で花粉症の症状が軽くなったのはこの3つのポイント。

 

3つのポイントは、繋がりがあるので同時に解説していきます。

 

解説しま〜す

花粉症の人は、外出すると、その症状がひどくでます。

これは、外にたくさん飛散している花粉が招く

悲惨な状況。

 

・・・・・再び笑えないですね

 

あなたの近くに花粉があるからです。

 

建物の中に入れば安全か?

というと、意外にそうでもなく

症状が変わらないこともありますよね。

ひどい花粉症の人ほど感じてるでしょう。

ということは、建物の中にも花粉があるということ。服にも付いてしまってるしどこにいても休まる場所がなくてつらいところ。

 

てくとの家は、なぜ花粉症がつらくない?

では、てくとの家のモデルハウスや

実際に暮らしている人のお宅では、どんな秘密になってるかというと、

それは秘密♡

というと、怒られそうなので真面目にいきます(^^;;

 

まず、

家の隙間を少なくしているということですが、

どういうことかというと、

コンセントの周りや電気のスイッチの周りに

手を当ててもらうとわかるんですが、

風を感じませんか?

特にわかりやすいのが、キッチンの換気扇を回してからコンセントに手を当るとわかりやすいと思います。

今、ご自宅にいるのなら、試してみてください。

風を感じましたか?

そうコレが家の隙間です。

どこが隙間なのかは、

すでに建ってしまった家では

プロでもわかりませんが

とにかく隙間があるから風が入ってきます。

風が入ってくるということは、空気中の花粉も一緒に入ってきてます。

大事なのでもう一度!

隙間があると、空気の中の花粉が入ってきやすい!

この、

後からじゃわからない隙間を、工事中の段階で無くしていきます。

主なやりかたは、気密シートと言われるシートを家中に張ります。

実はこのシートは、カビの対策にもなってます。

カビの対策もまたの機会に!←かなり重要ですから

こうやって隙間を少なくしてしまうと息苦しいので、決まった穴から空気を入れてあげます。

雑誌や家づくりの本に書いてある「計画換気」ってヤツです。そこに、花粉を通さないフィルターを付けておけば、花粉を取り除いた空気だけが家の中に入ってくる。ついでにチリやホコリも取り除いてくれる。

どうですか?

イメージわきました?

ただ、これだけではまだまだです。

 

まだ花粉が入ってくる余地がある!

服に付いた花粉や、頭、持っていたバッグなどについてた花粉、出入り口で、人と一緒に入った花粉は、どうするのか?

それは、室内の換気が重要になってきます。

花粉などは、重量があるので、床付近にたまります。

てくとの家の換気は、床に付いてますので

床付近に落ちてきた花粉は、素直に床で排気するので、天井や壁の上のほうに付いてる換気扇とは違い、花粉が舞うことがかなり少ないです。

 

3つのポイントまとめ

3つのポイントのまとめとしては、

「花粉が入りにくい工夫がしてあり、花粉を素早く外に出す工夫がしてある家」

ということで、花粉症の人が「ラクになった」

「休まる場所ができたことで花粉症がつらくなくなった」と言う人が多い。

 

てくとの家の花粉症対策の秘密♡でした。

 

てくとの家は、お医者さんではありませんので、花粉症がラクになったりつらくなくなったという人の声は、あくまでも個人の意見です。

花粉症が治るという意味ではありませんのであくまでも個人の感想ということでご了承ください。
 
 
※健康増進メディア『柔YAWARA』に寄稿させていただいた花粉症対策の記事です



住宅メーカーてくと代表が教えてくれる『どこの家でも出来る花粉症対策』 | 健康増進メディア『柔 YAWARA』

愛知県のハウスメーカー『てくとの家』代表で暮らしアドバイザー三輪富生による寄稿記事。一般的な住宅で今日から意識することができる花粉症対策のポイントについて徹底解説。花粉症は肩こりや頭痛の原因にもなるので暮らしからまずはしっかり対策しましょう。

表示する

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.