吹き抜けのメリットとデメリットを岡崎市の業者が解説

投稿日:2019年7月17日 更新日:

住宅知識

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

吹き抜けは近年の家でたくさん取り入れられている手法です。

吹き抜けの家で得られる効果、

それから残念ながら気になってしまう点

とはどのようなものなのでしょうか。

どのようなものであれ全てがオッケーであり、

全て満足するということは

なかなか存在しませんので、

利点をきちんと整理し

この構造を採用するかどうかを判断しましょう。

□メリットその1――開放感が得られる。

人間が広さを感じる時は、横のスケール感だけでなく縦の高さも重要になってきます。

視線の長さが重要です。

家の建坪という横のスケール感だけを考えていると狭い感じになってしまいますが、

このような時吹き抜けのある家にするととても開放感を得られます。

ホテルのシングル部屋の場合でも、

部屋自体を狭くてもそれほど圧迫感を感じないような時があるかと思いますが、

それも天井が高くされているからなど工夫があるからです。

人間の視覚から得られる情報をコントロールし

広々感じさせられるのがこの構造なのです。

柱や梁をわざと見えるようにするのも今はブームになっています。

天井や壁を極力排除し、広さを認識させるテクニックですね。

せっかくのリビングなので

ゆったりくつろげる空間にしたいのは誰でも同じでしょうから、そのような時はこの構造を考えてみると良いでしょう。

□メリットその2――日中の明るさを確保できる。

狭い土地で、家同士が迫っているような住宅地に家を建てる場合、日中の明るさがなかなか確保できないことがいっぱいあるではないでしょうか。

吹き抜けのある構造にすればリビング部分を一階二階と分離しないため、隣の家が迫っていたとしても、2階部分のガラス窓から日光が入ってくることが可能になります。

二階部分から差し込む光はとてもありがたいもので、自然の恵みを感じることができるでしょう。

昼間から電気をつけなくてはならないというのは少し残念な気持ちがしますので、そのような悩みを解消する手段としてこの構造の家はとても有効と考えられます。

□デメリットはずばり「光熱費」

しかし、この構造にすることによってデメリットがないこともありません。

 

一般的な住宅では、

光熱費が上がってしまう可能性が高いことです。

一階二階の区別がないので冷暖房の効率が少し悪くなってしまうことが言えます。

冬場は一階で温めた空気が二階部分へ逃げてしまい、夏は熱気が二階部分上がっていってしまうので、二階が暑すぎるようになってしまうこともあります。

一階と二階をきちんと区別すれば必要な部屋だけ冷暖房をかければ良いだけですが、吹き抜けの部屋では家全体で冷暖房の計画が必要です。

ただし、断熱効果の高い住宅、気密性能の高い住宅では、家中が均一な温度にしやすいため、かえって冷暖房費がかからない場合もあることもあります。

 

その場合は、建築費用が高くなりますが、

長い目で見てどちらがいいのかを見極めて、吹き抜けのことを検討してみてはどうでしょうか?

暮らしアドバイザー三輪
この記事を書いた人 : 暮らしアドバイザー三輪

愛知県岡崎市在住。 モデルハウスに住んで、暮らしを公開してます。 "家を売るな!心豊かな暮らしを提案しろ!という暮らしのコンサルタント"をしています。 「オーナーさんの希望通りに家を建てるとなぜかクレームが多い。なぜ??」 オーナーさんの夢を叶えたはずなのにクレームとして返ってくるのか?お客さんは僕を騙してるのか?昔は人間不信になる日々(笑)でした。でも、1番辛いのはオーナーさん。 そんな悲惨な状況にならないように、家づくりがアドバイスできればと思います。 ・住宅ブランドとして「てくとの家」「tect interior studio」「asobiya」を運営

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.