刈谷市に新築一戸建てを建てる方!日当たりについて解説します!

投稿日:2019年8月25日 更新日:

住宅知識

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

「日当たりって重要なのかな?」
「日当たりの良い家ってどんな特徴があるのかな?」
このように感じている方は多いのではないでしょうか?
新築一戸建てを建てて、新生活を始める方にとって日当たりは気になりますよね。
そこで、今回は日当たりの良い家の重要性や特徴について解説していきたいと思います。

□なぜ重要なのか

日当たりが良い家だと明るい気分で過ごせます。
部屋が明るいと気持ちも明るくなりますよね。
洗濯物も乾きやすいので主婦の方にとっては助かります。
加えて、お子様がいるご家庭にとっても日当たりが良いことでメリットがあります。
季節を問わず一年中日が入るので家を暖かく保つことができるからです。
日当たりが良いことでお子様にも優しい家にできます。

□どんな特徴があるのか

南向きの部屋は一年中、日差しが入りやすいです。
そのため季節を問わず、日中はリビングが明るく保たれます。
また、寒い冬でも日差しが入るので家の中を暖かく保つことができます。
加えて湿気がこもりにくいので、カビが発生する心配も少ないです。
しかし、日当たりが良いことで床や家具が日焼けしてしまうことがあります。
このように日当たりが安定している南向きに対して、他の方角は時間帯によって日の差し込みが変わります。
東向きの部屋は午後、西向きの部屋は午前にはあまり日が入りません。
また、北向きの部屋は1日を通してあまり日が入りません。
このように方角によって部屋の日の差し込みが変わることに注意しましょう。

□快適な住まいにする工夫

部屋の日当たりは方角によって大きく変わります。
しかし、ちょっとした工夫をすることによって住まいは快適にできます。
立地によってはカーテンを開けづらい住まいもあると思います。
そのようなときはレースカーテンを利用するのが効果的です。
また、日当たりが悪い部屋を明るい雰囲気にするためにインテリアを明るい色にすることも効果的です。
加えて、庭がある家庭でしたら庭に白い砂や玉砂利を敷くことも有効です。
なぜなら、白い砂や玉砂利が太陽光を反射する働きがあるからです。
このように工夫次第で快適に生活することができるので色々試してみるのも良いでしょう。

□まとめ

今回、新築一戸建てを建てて多くの方が気になる日当たりの重要性と特徴について解説しました。
日当たりの良い住まいであることで気持ちよく生活することができますよね。
日当たりが良くない住まいでも工夫次第で過ごしやすさは変わります。
大切なのは日当たりの良さをご自身のライフスタイルに合わせて生かしていくことです。
今回の記事を参考にして住まいの日当たりについて考えてみてはいかがでしょうか。

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.