岡崎市で注文住宅をお考えの方必見!内装のポイントは?

投稿日:2019年8月28日 更新日:

住宅知識

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

「注文住宅でマイホーム購入しようと考えているけれど、内装のポイントがわからない」
このようにお悩みの方はいませんか?
外装だけでなく、内装も思い通りに決めていくことができるのは注文住宅の大きな魅力ですよね。
しかし、失敗して住みにくい内装になってしまうのではないかと心配になっている方も多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅で内装を設計する際におさえておきたいポイントについてお話します。

□内装を設計する時のポイントとは

*部屋の広さ

まず間取り決めで重要なのが、どの部屋にどれほどのスペースを割くかです。
家の面積は限られたものですから、優先順位をつけてスペースを配置していく必要があります。
広く作っておいた部屋が、後々にはあまり使う機会のない部屋で無駄になってしまう、というのはよく起こる失敗です。
どの空間をよく使うことになるのか、どの空間を広く取りたいのかをよく考えて間取りを決めるようにしましょう。
リビングを広く取ると、家族が顔を合わせやすい空間にすることができるのでおすすめですよ。

*部屋の数

部屋の広さと合わせて考えたいのが部屋の数です。
むやみに部屋数を多くすることはおすすめしません。
その分、壁やドアのスペースをとらなければならず、スペースが無駄になり、コストも無駄にかかってしまいます。
作ろうとしているその部屋は本当に必要なのかどうか、一度考えてみるようにしましょう。

*コンセントの数

見落としやすいのが、コンセントの数です。
思ったよりコンセントが少なかったり、明らかに必要な位置なのにコンセントがなかったりすることも多い失敗例です。
プロが設計してくれますが、ご自身でも確認しておくようにしましょう。
また、数だけでなく必要な位置にあるかどうかも見ておくべきポイントです。

*デザイン

内装のデザイン自体についても、注意が必要です。
注文住宅では好きなように決められることが多いため、一風変わったデザインの内装にしてみたくなります。
しかし、すべての部屋を変わったデザインにしてしまうと落ち着かず、飽きやすくなってしまう危険性があります。
もし変わったデザインの部屋を作りたいならば、全体ではなく一部の部屋にとどめるのがおすすめです。

□まとめ

このように、注文住宅で大切なのは「何が必要で、何がいらないのか」をまず考えることです。
その点をきっちりと決めたうえでデザインや色選びを楽しんでいくと、失敗せずに素敵なマイホームを作りやすいですよ。
ご自身やご家族の生活環境と好みを照らし合わせて、ぜひオリジナルのマイホームを作ってみてください。
岡崎市で注文住宅の建設をご検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

てくてく博士
この記事を書いた人 : てくてく博士

歳は70歳じゃ 1949年1月23日生まれ 湯川秀樹さんがノーベル物理学賞を受賞した年に生まれたんじゃ。 1963年14歳の時に ホーキング博士を知り 物理学の世界に興味が湧いたんじゃ。 一方で、親父が大工でのう。そんな家庭に育ったもんで、家づくりにも興味が湧いたんじゃ。 大工としては珍しく、物理の法則を取り入れて家づくりをしておった。 現在はてくとの家の頭脳として後継者育成をしつつ、大好きな研究に明け暮れる日々じゃ。 妻と子供3人孫4人じゃが、今は夫婦二人でのんびりさせてもらっておるぞ! てくとの家では 普通の家づくりとは違うと言われ、 ちょっと変わった考え方の家づくりをしておるのじゃが なにも、奇抜なことで楽しませようとしている訳ではないんじゃ 実は、一般的なこと、普通の考え方など 世間で言う”常識的なこと”を誰よりも知っておるから 変わった”非常識なこと”ができるのじゃ ということで、その一般論というか 世間的な「常識」と言われていることを中心に 時には”バッサリ”と切りつけたり毒を吐いたりもしながら わし、てくてく博士」が なるべく冷静にお伝えしようと思うとる。

てくとのYouTubeも観てね♡

Copyright© てくてくてくと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.